calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
profile

Y7-2

Author:Y7-2
札幌市にある円山動物園のシンリンオオカミたちの様子の写真をメインに、主にオオカミについて書いています。
「オオカミってこんな表情もするんだ」と思ってもらえるような記事をあげていきたいと思っています。

※写真や文章の無断転載・使用はご遠慮ください


現在コメント受付を停止しています。
御用の方はお手数ですが、以下のアドレスまで御連絡下さい。

u.wolfsteps狼gmail.com

*狼→アットマークに変換

categories
trackbacks
links ※50音→アルファベット順
このブログをリンクに追加する
tags

> tags
ジェイ シンリンオオカミ キナコ ルーク ユウキ ショウ アンコ ケン 旭山動物園 マース キナコジェイ とくしま動物園 シベリアオオカミ ミラ さすけ 富山市ファミリーパーク オオカミ ヨーロッパオオカミ 多摩動物公園 ロボ ヌプリ チュプ 円山動物園 レラ 楽楽 萌萌 天王寺動物園 チュウゴクオオカミ 浜松市動物園 サン セロ 大森山動物園 キララ ユジン 遠吠え モロ ミッドナイト メイ シン キュー 群馬サファリパーク オオカミの目 チロ ロン ロト マロ 狩り ミロ コウゲツ ネロ ロキ リロ ユウキショウ 展王子動物園 東山動植物園 名古屋市東山動植物園 オオカミ関連イベント 富山ファミリーパーク ビートン エフィー ワトソン ゼットン サスケ サクラ 仔オオカミ 狼祭2011 動画 誕生 巣穴 ロイ メロ フェネック 羽村市動物公園 オーク オオカミの寿命 ナッツ メリー カラス ハプニング 本・雑誌 オオカミの歯 オオカミの毛 ハチ(クリス) エゾオオカミ ゼニガタアザラシ ジージー みさき まる レッサーパンダ ララ デナリ ホッキョクグマ ウッチー ハッピー マレーグマ ミナミ トモ ヒマラヤグマ セイキムクドリ フラミンゴ キュウカンチョウ サンショクキムネオオハシ サトウチョウ ヨウム オナガカエデチョウ ナキサイチョウ トビ オオタカ フクロウ アンデスコンドル ウルスラ ネイチャースクール 訃報 ナナ 行動 キキ ポッキー サーバル ジャガー カラカル アムールトラ ライオン ユキヒョウ ワシ ラーズ トド トラ 映画 スズメ News 記録 ネズミ オオカミの話 イコロ キロル セイタ ココ 狼祭2009

PageNavigation 1.0

Designed by 石津 花

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.20    カテゴリ:  ジェイ&キナコ&ルーク 

   シンリンオオカミの出産後…

円山動物園の公式ホームページ、及び飼育担当さんのブログで正式な発表がありましたが、
2011年生まれの仔オオカミの数は2頭とのことですね。

キナコ、ジェイ、ルーク、5狼家族おめでとう!


ニュースリリースも無事に済み、地元のマスコミも食いついてくれたようで(笑)
今朝に流れたテレビのニュースでは、巣穴にいる仔オオカミたちの動画も観ることができました。

2頭とも顔から頭にかけての色が薄く(白っぽい色。キナコも幼い頃は頭部が明るめの色でした)
キナコやジェイ、ルークと同じ、北米のシンリンオオカミらしい明るめウルフカラーになる仔たちだと思います。


今年は複数頭で生まれ、生き残った仔が2頭とのこと。
(……公式HPに「ツインズ」とありますが、何頭か亡くなっているなら「双子」ではないのでは??)

キナコが臨月を迎えた5月の初頭、おなかの膨らみ具合をみていると、去年より若干細く見えるのでは?と感じ、
ということは、去年より生まれる仔オオカミの数は少ないかもしれない?と思ったものでした。
……それももうずいぶん前のことの気がしますが

しかし、過去の国内外におけるオオカミの繁殖に関わる記述やデータをよくよく漁ってみると、
飼育されている雌オオカミで初産で8頭(!)産んだ個体がおり、
同じ個体が翌年の臨月期には、前年に比べると細く見える体型をしていたため、
飼育者が「生まれてくる仔どもの数は少なめになるだろう」と予測したところ、
実際にはなんのその今年も7頭も産みました!というような記録を発見しました。

うーん、1頭少ないといえば少ないのですが、そんなに見かけが変わるものかな?

もしかしたら初産の年と比べると、
2回目以降はお腹のふくらみ方が目立たないようになるのかもしれません。

今年のオオカミっ仔が全部で何頭生まれたのかは、まだ正式に発表されていませんが、
それがわかれば、キナコが初産の年に何頭産んでいたのか、を推測する手掛かりにもなるかも……?


そして今日、5月20日で今年生まれの仔オオカミは生後12日目を迎えました。
(出生日を0日目とするなら11日目)
そろそろ目も開き、外の世界へ出てこられるだけの準備が整いはじめる頃のはず。

といっても、今年は巣穴の入り口が見られるモニターがあるため、
ちらっと写った仔オオカミを最初に目にしたのは5月15日でした。ルークよりも1週間早かったことになります(驚)

このまま無事に育ち、2頭揃って顔を見せてくれる日が訪れることを何よりも祈っています。


この2頭の仔オオカミが無事に育ってくれれば、
円山のシンリンオオカミは今後、5頭のパック(pack)を形成し、展開していくことになります。

今年生まれの仔オオカミの性別が分かるのはまだ先ですが、
これまでよりも複雑な個体間の関係・コミュニケーションの展開が繰り広げられることでしょう。

その様子を観察できることが今からとても楽しみです



……ここのところ、更新が非常に滞ってしまって申し訳ありませんでした。
色々と思う所がありまして、何をどう書いて良いのかわからなくなってしまっていました。

いま子育てを必死に頑張っているキナコですが、
今回はその様子よりも先に(拍手等から「楽しみ」と仰っていただいた方にはとても申し訳ないのですが)
出産後から今日までにその「周囲」で起きた出来事の様子をお伝えしたいと思います。


キナコが、オオカミたちが、出来る限り安心して子育てが出来る環境を望むことは、
オオカミたちを見守る全ての人に共通する思いだと思います。

もちろん一般の来園者としての立場と、
動物の個体・生態の展示・研究・広報等を業務とする動物園側との立場が全く違うことも理解していますが。

動物園のオオカミが出産し、育児を行うのはどのような環境なのか。
これは、毎日のように動物園を訪ねることができる自分のような立場の人間でなければ、
知ることができないことだと思いますので、単純にお伝えしたいことです。

しかし、その理想としてはどうあるべきなのか、
そして周囲にいる人間は、オオカミの子育てを観察するなら、どのような点に注意するべきなのか……

たくさん考えなければならないことがあり、
まだ自分でもどうまとめればいいのかわからない部分も多くありますが、自分のための覚え書きとして、
また、もし今後オオカミの出産・育児を間近で見ることができる環境に身を置く人にとって、
わずかにでも参考になれば、と考えて以下に書いてみました。

今回はなるべく主観を削ぎ落して、客観的な事実をお伝えしたいと思っていますが、
どうしてもうまく感情を排除できなかった部分もあります。

不快に感じられた方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。
2011052001.jpg

2011年5月9日。
円山動物園のエゾシカ・オオカミ舎は、
シンリンオオカミが出産したため全面的に観覧を規制する、ということになったようです。



2011050910.jpg

公式に告知されていた概要は「エゾシカの外展示のみ観覧可能」というものです。
前回の記事と被ってしまう部分もありますが、規制の内容をもう少し詳しく見ていきます。



2011052002.jpg

エゾシカ・オオカミ舎内部には来園者は入れません(当然)
檻面の一部(キナコがあらかじめ穴を掘っていた側のみ)には、
ゴールデンウィーク頃からベニヤ板で目張りがされていました。

このベニヤ板に、おそらく巣穴入り口の様子を撮影している
定点カメラ?と思われる機材が設置されているのが見えます(黄色い丸で囲まれている部分)



2011052003.jpg

オオカミ舎の内部も、当初はキナコの巣穴に近いガラス面がブルーシート等で目張りされていましたが、
これは5月9日の午後に外されています(はずされた理由はわかりません)



2011052004.jpg

スロープ側の窓も一部(キナコが出産した場所が見える部分のみ)が覆われています。



2011052005.jpg

5月8日の時点では確認できなかったため、これはキナコの出産前後に貼られたものです。



2011052006.jpg

キナコがオオカミ舎のちょうど中間にある地面の浅い穴で出産したため、
エゾヒグマ館側の観覧スペースとスロープも立ち入りできなくなりました。

エゾヒグマ館側へ向かう道は、封鎖はされませんでしたが、
スロープの一部が規制に含まれていることから、わずかに(日によって幅に変動あり)狭くなっています。

また、エゾヒグマ館内部の窓からキナコの巣穴方面が見える箇所は、黒いビニールで窓が封鎖されました。

※当初封鎖されたのは、最も奥側の2か所のみでしたが、
それでもなお、エゾヒグマ館の中からオオカミを見ようとする人や撮影を行う人がいたためか、
後日、エゾヒグマ館内部からオオカミ舎が見える範囲にある全ての窓がふさがれました。



これが5月9日の時点での、オオカミ舎側の環境と設備でした。

しかしこの後、キナコの巣穴周辺の環境は、日々目覚ましく変わっていきます



2011051007.jpg

5月10日。
新たな機材がキナコが出産した場所の上部に設置されたことは既にお伝えしたと思います。



2011052007.jpg

5月11日。
今度は移動した先の巣穴の上部に新たな機材が取り付けられていました。
(これはもしかしたら私が気付かなかっただけで、10日の時点で付けられていたかもしれません)

管のようなものが伸び、スロープに置かれている機材に繋がっています。



そして、これは「キナコの子育て環境の変化」には含まれませんが、
5月11日の午後、オオカミを見守っていた来園者のうちの一部の人に対して、
観察場所の移動勧告と使用機材への注意が行われました。

私自身は直接は言われなかったため、
実際に話を受けた方からまた聞きの内容で恐縮なのですが、主には以下のような内容だったそうです。

「オオカミたちが一眼レフカメラのシャッター音を気にしているかもしれない」ということと、
「大きなカメラを持った人がいると、知らない人が何事かと集まってきてしまう」ということから、
「撮影を目的とした人はオオカミ舎の前にいないでほしい」というものです。


もちろん、普段からオオカミたちを観察しているメンバーには
この話がすぐに伝えられ(遠く本州まで遠吠えで届いたとか)直後に観察場所を移動しています。


私自身も、これまでは記録用に一眼レフカメラを使用していましたが、
5月11日以降はシャッター音のしないビデオカメラとコンパクトデジカメに変え、
遠くからでも細かい様子が観察できるように、双眼鏡をもって観察を続けています。

場所については、これまではオオカミ舎の規制周辺に立っていましたが、
そこから離れ、オオカミ舎のスロープ横~世界のクマ館まで続く芝生の丘の上にしました。

この場所を選んだ理由としては、
キナコの巣穴周辺での動きが最も観察しやすい位置であることもありますが、
以前、海外の国立公園のガイドブックで、
「オオカミの巣穴がある場合は少なくても25m以上離れて観察を行うこと」という一文を見かけたことがあるためでもあります。

芝生の丘の上、特に桜の木の下あたりであれば、
キナコの巣穴からは直線距離でも25mは離れることができていると思います。
(この場所からビデオカメラで巣穴周辺を撮影すると、焦点距離が30m前後の表示になるのを目安としています)

ただ、このときオオカミ舎の側にいた来園者を規制から遠ざけたということは、この後さらに規制が広がり、
ホッキョクグマの出産・育児のときのようにオオカミ舎の周辺全てが規制されることを意味しているのだと考えていました。



2011052008.jpg

しかしその後、しばらくしてからこのような注意書きが貼られたのみで、
通達のなかったらしい他の来園者は、足元にひっそりと増やされたこの注意書きに気付かず、
これまで通りに一眼レフカメラを使って撮影したり、オオカミ舎前にしばらく立ち止まっておしゃべりをしたりしていました。

……すみません、ここだけはどうしても感情が入ってしまいます。

結果的には、
目立つカメラを持った撮影者、それも職員さんが個人的に話を持ちかけた人物にだけは
ある行為の中止が勧告され、滞在場所の退去が求められた一方、
その他の大勢の来園者が行う同様の行為は黙認されている、という事態が生じてしまっています。

もちろん、一般の個人が記録を残すことが、
キナコが落ち着いて仔オオカミを育て、仔オオカミたちが健やかに育ってくれる環境と
引き換えにする対価とはならないとは承知しています。

ただ、動物園側がどういう考えの下で
こうした事態を認可しているのか、傍から見ていると非常に気になってしまう状況です。


また、オオカミにも個体差はありますが、
動物園生まれ・動物園育ちのオオカミのほとんどがそうであるように、円山のシンリンオオカミたちは
(中でもキナコはほとんど人工保育のようなかたちで育ったという生い立ちもあり)
すでに日常の雑音となっているシャッター音にまったく反応を示しません。

動物園の職員さんたちも、
普段の日常であれば近くで一眼レフカメラや携帯カメラでオオカミたちを撮影されています。

また、5月9日以降~本日5月20日まで、
遠くから離れて観察していても、カメラのシャッター音や一眼レフカメラの連写音に対して、
キナコが目を向ける等の身体上に現れるような反応をしている様子は見られないと感じましたが……どうなのでしょう。



しかし、とにかく今は動物園側からの勧告に従い、
人目を引くような目立つ機材は使わず、耳に障るような音をさせずに記録をとり、
そして周囲に大勢の来園者の方がいるときは、できるだけ遠くから離れて見るように努めています。

今は動物園の職員さんたちが、常にキナコの様子を見ていると思うので、
周辺の規制が解かれる日が来ればまた使用する機材や観察場所を戻そうと考えてはいますが、
その日が来るまでは現状を維持するつもりです。



2011052009.jpg

5月12日。
この日はエゾシカ舎と園の南部で工事が行われ、一日中機械の音が聞こえてくる状況でした。

そしてオオカミ舎のバックヤードでも、おそらく工事関係のスタッフさん、車や重機などが頻繁に行き来を繰り返します。
その気配を感じたジェイやルークがバックヤードの方向へ勢いよく駆けていくのが何度か見えました。

また、キナコも自分の縄張りで頻繁に人の気配がすることで敏感になっていたのか、
オオカミ舎の中でキナコに近づきすぎた職員さんや、オオカミ舎の前をスタッフさんの集団が通ったときなどに
毛を逆立てて走り回るような興奮状態になってしまったり、前足でアタックする姿も見られました。



20110520025.jpg

こうしたキナコの興奮やアタック行動は、
昨年も同様の時期(仔オオカミが巣穴から出始めるようになる前)に多く観察されていましたが、
そうした中で、ときには長時間興奮状態が続いたキナコが、意識のすべてをその対象に向けてしまうためか、
足元の穴につまづき転んでしまう、というような状況も何度か生じていました。

キナコのこうした興奮状態時に見られる様子や行動については、過去にも何度か言及したことはありますが、
観察回数が増えてきたため、別の機会にまとめた記事にしてみたいと考えています。



5月13日。
翌14日からオオカミ舎内部を開放し、1Fにモニターを設置してリアルタイムでキナコの巣穴の入り口を観察できるようにする
という措置がとられるので、屋内でそのための準備作業が続きます。

2011052010.jpg

まず、キナコが出産した場所の上部に設置されていた機材が無くなっていました。



2011052011.jpg

そして午前中、今度はキナコが現在使用している巣穴の上部に設置されていた、
機材の付け替え(取り外し?14日以降この機材は見られなくなりました)作業が行われました

この作業がスロープ上で行われている間、
ジェイとルークはキナコがこもっている巣穴の近くに立ち、階上から聞こえる音を気にする様子で動きまわっていました。



2011052012.jpg

午後からはオオカミ舎内部の1Fで、パーテーションを立て、その上にブルーシートをかける作業。



2011052013.jpg

これは屋内にいる人からオオカミたちを隠すための「目隠し」となるものですが、
これができて、「オオカミたちから屋内の人の動きが見えなくなった」直後から、実際にキナコが巣穴の入り口に出て来て座って休んでいました。




5月13日。
オオカミ舎の内部に設置されたモニターが一般に公開されました。

2011052015.jpg

また、9日の朝から入口に置かれていた
ミュージカル・ライオンキングのクイズラリー看板(画面左端)が撤去されましたが、

2011052016.jpg

その代わりに何かのイベントのスタンプラリーが行われていて、
14日・15日は、そのスタンプが置かれた台がオオカミ舎の入口に設置されていました。


土日の2日間で行われたこのイベントは大盛況だったようで、
この台でスタンプを押すことを目的とした親子連れの行列がオオカミ舎前に出現した時間帯もありました。

最終的には、オオカミ舎に入ろうとする人の流れと、スタンプ台に並ぶ人の流れとで入り口付近がごった返し、
イベントスタッフさんが、台の置く位置を変えにやってくるほどでした。



5月16日。
土曜日・日曜日を超えて月曜日。仔オオカミが産まれてからちょうど1週間目でした。

2011052019.jpg

この日は朝いちでオオカミ舎に着いてみると、
15日閉園後~16日開園前までに運び込まれたと思われる資材が、海獣舎のところの芝生に積まれていました。



2011052018.jpg

いずれもひとまとめにしてある形態からして、おそらく重機を使って運び込まれたものなのではないでしょうか。



2011052021.jpg

16日午前中にオオカミたちの目の前で簡易の組立て作業が行われ、
翌5月17日の朝に到着してみると、しっかりと組まれた囲いが出来ていました。
ただ、17日から20日までの日中に見る限りでは、この囲いが使用されている様子はありません。

余った資材もどこかへ運ばれたようです。

そして5月17日は午後にエゾシカ側でも工具を使った作業が行われていました。



5月18日。
この日の午前中はエゾシカ・オオカミ舎の2Fで子育てサロンがありました。

2011052022.jpg

オオカミ舎前には呼子のようにスタッフさんが立ち、オオカミ舎への入り方を、訪れる親子連れに説明していました。


2011052023.jpg

オオカミ舎1Fのモニター前にはベビーカーの海ができ、2Fも大勢の親子連れで大賑わいでした。

そして午後には、昨日組まれた囲いの外で工事関係の業者の方の集まりがあったようです。



5月19日。
この日は私は午前中のみの滞在だったのですが、
午後からはニュースリリースを受けてマスコミの取材が入ったそうです。
オオカミ舎バックヤード側からの撮影もあったとか。


……以上の事柄が、観覧規制が敷かれているオオカミ舎の周辺で、この10日余りのうちに起きたできごとを
大きなもののみ、ごく簡単にまとめたものになります。

いろいろ思うところも、考えることもありますが、言葉にまとめることは難しいです。

観察する側としては、
仔オオカミのために食事も水飲みも最低限にし、ジェイやルークを身体を張って巣穴から遠ざけ、
その身体を休める間もなく子育てに専念しているキナコの姿や行動に変化がないか、
日々見守ることしかできません。


次回の記事を書くときには、楽しい話題も交えて、
こうした環境で子育てをしているキナコや、ジェイ、ルークの様子をお伝えできればと思います。


Copyright © WOLF STEP All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
シンリンオオカミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。