calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
profile

Y7-2

Author:Y7-2
札幌市にある円山動物園のシンリンオオカミたちの様子の写真をメインに、主にオオカミについて書いています。
「オオカミってこんな表情もするんだ」と思ってもらえるような記事をあげていきたいと思っています。

※写真や文章の無断転載・使用はご遠慮ください


現在コメント受付を停止しています。
御用の方はお手数ですが、以下のアドレスまで御連絡下さい。

u.wolfsteps狼gmail.com

*狼→アットマークに変換

categories
trackbacks
links ※50音→アルファベット順
このブログをリンクに追加する
tags

> tags
ジェイ シンリンオオカミ キナコ ルーク ユウキ ショウ アンコ ケン 旭山動物園 マース キナコジェイ とくしま動物園 シベリアオオカミ ミラ さすけ 富山市ファミリーパーク オオカミ ヨーロッパオオカミ 多摩動物公園 ロボ ヌプリ チュプ 円山動物園 レラ 楽楽 萌萌 天王寺動物園 チュウゴクオオカミ 浜松市動物園 サン セロ 大森山動物園 キララ ユジン 遠吠え モロ ミッドナイト メイ シン キュー 群馬サファリパーク オオカミの目 チロ ロン ロト マロ 狩り ミロ コウゲツ ネロ ロキ リロ ユウキショウ 展王子動物園 東山動植物園 名古屋市東山動植物園 オオカミ関連イベント 富山ファミリーパーク ビートン エフィー ワトソン ゼットン サスケ サクラ 仔オオカミ 狼祭2011 動画 誕生 巣穴 ロイ メロ フェネック 羽村市動物公園 オーク オオカミの寿命 ナッツ メリー カラス ハプニング 本・雑誌 オオカミの歯 オオカミの毛 ハチ(クリス) エゾオオカミ ゼニガタアザラシ ジージー みさき まる レッサーパンダ ララ デナリ ホッキョクグマ ウッチー ハッピー マレーグマ ミナミ トモ ヒマラヤグマ セイキムクドリ フラミンゴ キュウカンチョウ サンショクキムネオオハシ サトウチョウ ヨウム オナガカエデチョウ ナキサイチョウ トビ オオタカ フクロウ アンデスコンドル ウルスラ ネイチャースクール 訃報 ナナ 行動 キキ ポッキー サーバル ジャガー カラカル アムールトラ ライオン ユキヒョウ ワシ ラーズ トド トラ 映画 スズメ News 記録 ネズミ オオカミの話 イコロ キロル セイタ ココ 狼祭2009

PageNavigation 1.0

Designed by 石津 花

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.02    カテゴリ:  多摩動物公園 

   多摩動物公園・個体識別②

ちょっと遅くなってしまいましたが、
多摩動物公園ヨーロッパオオカミの個体識別、後半戦に入りたいと思います。

いやもう本当にこちらの個体については「戦い」でした。


というのも、前回の記事で紹介したのは滞在中にほぼ識別・名前の一致ができていて、
見分けながら行動を追うことができていた個体でした。

しかし、今回は滞在中は混乱が大きく、帰宅後に写真で特徴をつかんで識別した個体たちです。


おそらく基本的な見分けはできていると思うのですが、
問題は個体紹介パネルと照らし合わせる作業。これが非常に難しいのです。

見分けはつく。でも名前がわからない。
つまるところ、名前と個体が一致できていない可能性があるんですよね……


同じ個体を重複して紹介している、というような事態は起きていないはずですが、
前回に引き続き、間違いの指摘やつっこみは大歓迎いたします!
まずは年功序列ということで、2005年生まれ、
兄弟姉妹の長女にあたる「ミロ」と思われる個体から。

キャッチフレーズは「しっかり長女」

ミロ01

個体紹介では「かわいらしい顔立ち」「せり出したたてがみ」「警戒心が強い」
「チロや姉妹たちを牽制する」「姉妹の中ではトップ」とあります。
また、見分けポイントとしては、
「せり出した鬣」「優しい目」「目の周りが黒い」……は、はげしく突っ込みたいんですが(汗)

でも、おそらく間違いはないはず。
モロ、チロ、マロ、リロ、メロを覗いた最後のメスですし、
口元や顔の模様は他の個体と重ならないと思います。
加えて、写真で見てこそはっきり区別できる小さな傷跡なんかも、
この個体にしか確認できない場所にあります。

ミロ02

でも、激しく光のあたっていた午前中はこんな顔に見えていたんですよね。
かなり印象が違います。

次回行ったときには滞在時に見分けて、行動を追っていくことができればと思います。


ロイ01

お次はロイ。2007年生まれのオスです。

キャッチフレーズは「目立たないけど変な顔」…………なんだかとっても不憫な感じが

でも本当に大きな耳といい不思議な顔のバランスといい、すごい特徴的な顔をしています。
目立たないなんてとんでもない!

そして13頭すべてを見分けているmuscaさんいわく、ロイは「宇宙人顔」
……確かに!!と、納得できてしまうのが楽しかったり(笑)

ロイ02

でも、こんなに特徴的な顔なのに、紹介パネルの内容では、
「全体的にボヤっとした顔」「小さくて下がり目」「耳をよく寝かす」。
見分けポイントとして示されているのは「おでこが広い」「小さくて下がり目」。

もうちょっと耳のこととか書いてくれていれば見分けられてたかも~と悔しがってみたり。
でもロイについては、次は絶対に間違えない自信アリ(笑)


ロト01

3番手は、ロイと同じく2007年生まれのオス、「ロト」です。

私がたずねたときには、ちょうど右耳にハゲを作っていたので見分けやすく、
行動をある程度は追えていたのですが、やっぱり名前がわからなかった……

キャッチフレーズは「目立たないけど黒いんです」
……2007年生まれのオスは目立たないのがスタンダードなんでしょうか?

まあでも確かにロトは他のオスたちがもめている間、その中にほとんど加わっていませんでした。
これだけ頭数がいると特徴的な立ち回りにならないと印象も残りにくいのか

ロト02

個体の紹介としては「ロンに似た顔立ち」「張り出したたてがみ」
「警戒心が強い」「全体に黒っぽい」
見分けポイントとしては「眉間のしわ」「全体的ン黒っぽい」「張り出したたてがみ」。

うーん……ある意味「耳のハゲ」という一時的な特徴に今回はとらわれてしまっていて、
次回に困りそうな感じがしています。気をつけなければ!

セロ

2007年生まれは「セロ」がラスト。

しかし、この年生まれの4頭は、なんだかどこかしら似通っているような感じがします。
特に強い光があたって余計な輪郭がまぎれてしまったときのセロとマロがそっくり。

セロのキャッチフレーズは「第2位はこの俺だ!」

紹介パネルでは「小さく鋭い眼で眼球の色が薄い」「鼻の上の薄茶が目立つ」
「尾を立てて力を誇示する」「ロンをたびたび抑圧する」というもの。
見分けポイントとして「小さく鋭い目」「鼻の上が薄茶」
「きりっと立った耳」「口の周りの白が目立つ」とありました。

セロとロン

ロンとの折り合いがもう本当に最悪な感じ(上がセロ、下がロンです)。

でも、ただひたすら逃げてしまうチロと容赦のないマロの関係とは違って、
ロンが立ち止まって反抗し、セロも威嚇と誇示で対峙するのは
メス同士の関係とオス同士の関係の違いなのでしょうか。

一説によると、オオカミではオス同士の関係性の方が、メス同士で同じ状況になった場合より
お互いの攻撃が抑制されるとも言われていますが。

気になるなぁ~


ロキ01

さて、残り2頭になりました。
2008年生まれの4頭のうち、メスのリロとメロについては前回の記事で紹介しましたので、
こちらではオスのロキネロについてになります。

こちらはネロ……と思われます。

こちらが「ロキ」とのことです。

ロキ02

今回の識別の鬼門となったのはたぶんこのネロでした。

キャッチフレーズは「生意気盛り」
「モロに似た顔」「体毛がボサボサしている」「物怖じしない」「いちばん子供っぽい性格」。
見分けポイントとしては「小さく鋭い目」「短い吻」とあります。

ロキとの区別が怪しいですが、これらのポイントをより強く持っているのはこっちの個体だと思います。
モロ似と言われるだけあって、たしかに鋭い印象の顔だと思います。

しかし……


ロキ03

何故に正面顔がこうなるんでしょうか。

ロキ04

全っ然印象が違うのですが!!
鋭いというよりはむしろ可愛い系じゃないですか。

……実は最初は別々の1頭だと思っていました。
角度によってここまで印象が違う表情に見えるのも珍しいかと。


さて、いよいよラストです。
残っているのは2008年生まれの「ロキ」だけ。
名前からもわかる通り、当然オスなんですが、最初に見たときはびっくりしました。

ネロ01


優しげ~な印象のキレーな顔をしている仔がいるなぁ、きっとまだ若い女の子なんだろうなぁ……
と思いきや、まさかオスの仔だったとは!

はっきり言ってめちゃくちゃ好みの顔立ちでした。
でもどう見てもメスの顔立ちだとも思うのですが……

ネロ02

たぶんこの個体が「ロキ」かな?

こちらが「ネロ」になります。

「ネロ」と「ロキ」の見分けについてはいまいち確立されていなくて、
はっきり区別できているのは、
他でもない多摩動物公園のオオカミ担当の飼育員さんだけだろうという噂も。

2008年生まれの子供達も大きくなったことですし、是非とも個体識別パネルの更新を……!!(願)


ロキのキャッチフレーズは「体だけは一人前」

個体紹介パネルの内容では「全体的に茶色い」「優しい眼」
「年齢の割りに体が大きい」「横に幅のある大きな頭」、
見分けのポイントとしては「張り出した鬣」「全体に茶色」となっています。



いやしかし本当に美狼なんですよ。
……オスに「美狼」を冠するのは不思議な感じがしますが。

今後成長につれてどんな容姿になっていくのかが楽しみです


※――で消してある文章は、3月6日に修正いたしました。


Copyright © WOLF STEP All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
シンリンオオカミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。