calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
profile

Y7-2

Author:Y7-2
札幌市にある円山動物園のシンリンオオカミたちの様子の写真をメインに、主にオオカミについて書いています。
「オオカミってこんな表情もするんだ」と思ってもらえるような記事をあげていきたいと思っています。

※写真や文章の無断転載・使用はご遠慮ください


現在コメント受付を停止しています。
御用の方はお手数ですが、以下のアドレスまで御連絡下さい。

u.wolfsteps狼gmail.com

*狼→アットマークに変換

categories
trackbacks
links ※50音→アルファベット順
このブログをリンクに追加する
tags

> tags
ジェイ シンリンオオカミ キナコ ルーク ユウキ ショウ アンコ ケン 旭山動物園 マース キナコジェイ とくしま動物園 シベリアオオカミ ミラ さすけ 富山市ファミリーパーク オオカミ ヨーロッパオオカミ 多摩動物公園 ロボ ヌプリ チュプ 円山動物園 レラ 楽楽 萌萌 天王寺動物園 チュウゴクオオカミ 浜松市動物園 サン セロ 大森山動物園 キララ ユジン 遠吠え モロ ミッドナイト メイ シン キュー 群馬サファリパーク オオカミの目 チロ ロン ロト マロ 狩り ミロ コウゲツ ネロ ロキ リロ ユウキショウ 展王子動物園 東山動植物園 名古屋市東山動植物園 オオカミ関連イベント 富山ファミリーパーク ビートン エフィー ワトソン ゼットン サスケ サクラ 仔オオカミ 狼祭2011 動画 誕生 巣穴 ロイ メロ フェネック 羽村市動物公園 オーク オオカミの寿命 ナッツ メリー カラス ハプニング 本・雑誌 オオカミの歯 オオカミの毛 ハチ(クリス) エゾオオカミ ゼニガタアザラシ ジージー みさき まる レッサーパンダ ララ デナリ ホッキョクグマ ウッチー ハッピー マレーグマ ミナミ トモ ヒマラヤグマ セイキムクドリ フラミンゴ キュウカンチョウ サンショクキムネオオハシ サトウチョウ ヨウム オナガカエデチョウ ナキサイチョウ トビ オオタカ フクロウ アンデスコンドル ウルスラ ネイチャースクール 訃報 ナナ 行動 キキ ポッキー サーバル ジャガー カラカル アムールトラ ライオン ユキヒョウ ワシ ラーズ トド トラ 映画 スズメ News 記録 ネズミ オオカミの話 イコロ キロル セイタ ココ 狼祭2009

PageNavigation 1.0

Designed by 石津 花

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.26    カテゴリ:  キナコ&ジェイ+αの日々 

   6/26 教育的指導はじまる?

2010062604.jpg

先週までは、
寝ているジェイのお腹の上に乗っかろうが、
大事なところに噛みつこうが、
何をしても怒られることはなかった仔オオカミ

2010062605.jpg

ところがこの日、いつものようにジェイにじゃれついて遊んでいると……

2010062606.jpg

ここまではよかったのですが、

2010062607.jpg

仔オオカミのこの一歩で、ジェイの表情が一変。

2010062608.jpg

すごい勢いで跳ね起きます。
ジェイのしっぽが仔オオカミに捲きついているのはたまたまです)

2010062609.jpg

仔オオカミは最初の一括で素早くジェイからおりましたが、
ジェイの方は止まりません。

2010062610.jpg

正面から向き合って、目線を合わせてとことん脅します。


ジェイのこの行動に対して、仔オオカミは反応を返しているように見えます。
上半身を低くして下から見上げる服従の姿勢に近いポーズをとっています。

しかし、これまでに明らかになっているオオカミの生態に即して考えると、
これは別にジェイが発した「それ(この場合は体に登ること)をやめなければ攻撃するぞ!」という
牙のむき出しと唸り声からなる威嚇信号に対して正しい反応を返したわけではなく、
単にびっくりして引きだされただけの行動である、と考えられるのです。

このときも確かに仔オオカミの耳は伏せられておらず、
むしろ次の瞬間の動向をさぐるようにジェイの方に向けられています。

オオカミの仔は、
オオカミの群れの中で生きていくのに必要なコミュニケーションの方法は、
同種の、それも同複(同年齢)の兄弟姉妹との間でのみ身につけていくというのが基本であり、
両親を含む年長オオカミからは、
威嚇等の生きていくうえでは最も重要なシグナルであってもその意味を学ばないと言われます。

円山ではどうにかしてジェイとキナコから学んでくれなくては非常に困るのですが……


そして、これまでに記録のあるオオカミの生態(特に仔オオカミに関する)研究では、
両親のペア、あるいはそれ以上の数の群れの中において、
基本的にはオオカミの行動に基づいて育てられ、複数頭の仔オオカミで一緒に育っているケースか、
ヒトの管理下において、単独あるいは複数頭で飼育されるケースが主となっています。

今回の円山動物園のシンリンオオカミたちのように、
「両親が揃っている」のに、それにもかかわらず
「ヒトの管理下に置かれ、さらに介添保育状態で育てられ」、
しかも「仔オオカミは単独で成長する」という条件がバラバラなケースはなかなか見つけられません。

そのため、今後どういう形で育ち、社会性を身に付けることができるのか全く予想がつきませんが、
とにかく親オオカミによる指導がそろそろ始まりそうなので、
仔オオカミがどういう反応を返していくかは要観察です。

ジェイのように、人に対してKYと言われても、
オオカミ同士のコミュニケーションは
きちんと成り立たせることができる仔に育ってくれればいいのですが……



Copyright © WOLF STEP All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
シンリンオオカミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。