calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
profile

Y7-2

Author:Y7-2
札幌市にある円山動物園のシンリンオオカミたちの様子の写真をメインに、主にオオカミについて書いています。
「オオカミってこんな表情もするんだ」と思ってもらえるような記事をあげていきたいと思っています。

※写真や文章の無断転載・使用はご遠慮ください


現在コメント受付を停止しています。
御用の方はお手数ですが、以下のアドレスまで御連絡下さい。

u.wolfsteps狼gmail.com

*狼→アットマークに変換

categories
trackbacks
links ※50音→アルファベット順
このブログをリンクに追加する
tags

> tags
ジェイ シンリンオオカミ キナコ ルーク ユウキ ショウ アンコ ケン 旭山動物園 マース キナコジェイ とくしま動物園 シベリアオオカミ ミラ さすけ 富山市ファミリーパーク オオカミ ヨーロッパオオカミ 多摩動物公園 ロボ ヌプリ チュプ 円山動物園 レラ 楽楽 萌萌 天王寺動物園 チュウゴクオオカミ 浜松市動物園 サン セロ 大森山動物園 キララ ユジン 遠吠え モロ ミッドナイト メイ シン キュー 群馬サファリパーク オオカミの目 チロ ロン ロト マロ 狩り ミロ コウゲツ ネロ ロキ リロ ユウキショウ 展王子動物園 東山動植物園 名古屋市東山動植物園 オオカミ関連イベント 富山ファミリーパーク ビートン エフィー ワトソン ゼットン サスケ サクラ 仔オオカミ 狼祭2011 動画 誕生 巣穴 ロイ メロ フェネック 羽村市動物公園 オーク オオカミの寿命 ナッツ メリー カラス ハプニング 本・雑誌 オオカミの歯 オオカミの毛 ハチ(クリス) エゾオオカミ ゼニガタアザラシ ジージー みさき まる レッサーパンダ ララ デナリ ホッキョクグマ ウッチー ハッピー マレーグマ ミナミ トモ ヒマラヤグマ セイキムクドリ フラミンゴ キュウカンチョウ サンショクキムネオオハシ サトウチョウ ヨウム オナガカエデチョウ ナキサイチョウ トビ オオタカ フクロウ アンデスコンドル ウルスラ ネイチャースクール 訃報 ナナ 行動 キキ ポッキー サーバル ジャガー カラカル アムールトラ ライオン ユキヒョウ ワシ ラーズ トド トラ 映画 スズメ News 記録 ネズミ オオカミの話 イコロ キロル セイタ ココ 狼祭2009

PageNavigation 1.0

Designed by 石津 花

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.24    カテゴリ:  キナコ&ジェイ 

   2/23 作戦その後

2010022300.jpg

キナコジェイを隔離した状態の一晩を経て、2月23日の朝。

午前10:00ころ、再び2頭が一緒にされたので、
キナコジェイは約19時間ほど隔離されていたことになります。

さて、作戦の結果は……
2010022301.jpg

担当さんが来ると、いつものピーピーと聞こえる鼻声にくわえて
キューキューとより大きな声で鳴きながらぐるぐる走り回るキナコ

2010022302.jpg

ジェイも落ち着かない様子です。

2010022303.jpg

とりあえず、一緒にする前にお腹を満たしてもらい、
お互いに集中できるようにと大きめのお肉で朝ごはん。

2010022304.jpg

キナコ、身体にかなり土をつけています。ちょっと乳牛みたいなまだら模様に見えるほどの部分もあります。

昨夜は湿った雪が降っていたので、巣穴付近で休んでいたか、
または巣穴掘りをしていたと思われます。

ところが、汚れていたおかげで、
昨夜~開園前のキナコの行動の一部を推測することができました。

2010022305.jpg

土がついている状態のオオカミたちが雪の上に寝ると、その場所に跡がつきます。

23日朝のメインパドック(キナコがいた側)の雪面を見ると、
キナコがサブパドック(ジェイが閉じ込められていた側)の側で横になっていたと読むこともできます。

普段、朝の雪面の様子はあまり気にしないので、
この寝跡のつき方が単なる偶然なのかはわからないですが……

2010022306.jpg

日中横になっていることの多いガラス面付近には全く跡は付いていません。

2頭がごはんを食べ終わると、
いよいよメインとサブをつなぐ扉が開放されました。

扉が開き、ジェイが出てくるときの様子は動画で撮影してあるので、
この記事の一番最後に貼っておきます。

2010022307.jpg

ジェイが出てくると、キナコがしっぽをぶんぶん振りながら挨拶へ行きました。
ジェイもそれに応じます。

2010022308.jpg

じゃれあい、というよりは一緒に走り回っている感じが強かったです。

2010022309.jpg

ぐるぐる走り続ける2頭。

2010022310.jpg

でもそれほど長くは続かず、次第に落ち着いていく様子が明らかでした。

2010022311.jpg

落ち着いてきたかな~と思って上階へ移動したところ、
下を見るとジェイがキナコにマウントしようとしていて慌てて撮影。

2010022312.jpg

上から見ていると、単にキナコの足が滑ってしまったようにみえたのですが、
腰を落として座り込んでしまったキナコ。
拒絶だったのかどうかはいまいちわかりませんでした。

2010022313.jpg

その後、予想通りと言えば予想通りでもあったのですが、
お休みモードに入ってしまった2頭。

何しろジェイは一晩じゅう、落ち着かない様子でサブパドック内をうろうろし続けていたらしいです。

なので、再び一緒になったらしばらくじゃれるけど、たぶんそのあと寝に入るだろうから、
夕方くらいには復活して繁殖行動が見れたら万々歳かなぁ、というのが個人的な予想でした。

2010022314.jpg

気持ちよさそうに眠るジェイ。

2010022315.jpg

午前のおやつはシカ骨でしたが、ここでちょっと珍しいかな?と思うジェイの行動が。

食べている最中のジェイにちょっかいをかけに行くキナコはいつも通り。

2010022316.jpg

……が、普段ならキナコが正面に回って近づいてくると
離れていても牙を剥いて怒るジェイが、このときは全く怒りませんでした。

2010022317.jpg

さらにはこの様子。

2010022318.jpg

マウントをとられて、頭を鼻先でつつかれても、
首を振るだけです。

2010022320.jpg

さすがに前面に出過ぎると唸ってはいましたが、

2010022321.jpg

ゆっくり立ち上がって、

2010022322.jpg

キナコの顔をガブッ。

2010022323.jpg

そのままマウント?と思いきや、それはなかったのですが、
普段とは雰囲気が全然違った2頭。

隔離効果なんでしょうか?

2010022324.jpg

でも、午後のおやつにひよこをもらったときには、
普段通り場所をめぐってガウガウと争うキナコとジェイでした。

2010022325.jpg

23日中のキナコとジェイの様子で気付いたものでは以上のような動きがありましたが、
おおむねまったりと休んでいた一日でした。

24日以降、2頭の行動に変化が現れてくれることを祈ります。


来年度は人の手を貸して何とかできないか……という話も出ているようなのですが、
それでも今年、キナコとジェイに繁殖行動(交尾と結合)が見られなければ、
人が手を貸してもどうにもならないという結論に至る可能性もあります。

国内の動物園で飼育されているシンリンオオカミの中では、
キナコは到津系の血筋を引く最後の個体です。
どうにかして血をつないでもらいたい!という思いと、
何よりもジェイとキナコの子どもが見たい!!という思いから、
まだまだ希望を捨てずに、2頭の様子を見守って行こうと思います。

最後になりましたが、再び一緒になったときのキナコとジェイの様子を。



Copyright © WOLF STEP All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
シンリンオオカミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。