calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
profile

Y7-2

Author:Y7-2
札幌市にある円山動物園のシンリンオオカミたちの様子の写真をメインに、主にオオカミについて書いています。
「オオカミってこんな表情もするんだ」と思ってもらえるような記事をあげていきたいと思っています。

※写真や文章の無断転載・使用はご遠慮ください


現在コメント受付を停止しています。
御用の方はお手数ですが、以下のアドレスまで御連絡下さい。

u.wolfsteps狼gmail.com

*狼→アットマークに変換

categories
trackbacks
links ※50音→アルファベット順
このブログをリンクに追加する
tags

東山動植物園
ジェイ シンリンオオカミ キナコ ルーク ユウキ ショウ アンコ ケン 旭山動物園 マース キナコジェイ とくしま動物園 シベリアオオカミ ミラ さすけ 富山市ファミリーパーク オオカミ ヨーロッパオオカミ 多摩動物公園 ロボ ヌプリ チュプ 円山動物園 レラ 楽楽 萌萌 天王寺動物園 チュウゴクオオカミ 浜松市動物園 サン セロ 大森山動物園 キララ ユジン 遠吠え モロ ミッドナイト メイ シン キュー 群馬サファリパーク オオカミの目 チロ ロン ロト マロ 狩り ミロ コウゲツ ネロ ロキ リロ ユウキショウ 展王子動物園 東山動植物園 名古屋市東山動植物園 オオカミ関連イベント 富山ファミリーパーク ビートン エフィー ワトソン ゼットン サスケ サクラ 仔オオカミ 狼祭2011 動画 誕生 巣穴 ロイ メロ フェネック 羽村市動物公園 オーク オオカミの寿命 ナッツ メリー カラス ハプニング 本・雑誌 オオカミの歯 オオカミの毛 ハチ(クリス) エゾオオカミ ゼニガタアザラシ ジージー みさき まる レッサーパンダ ララ デナリ ホッキョクグマ ウッチー ハッピー マレーグマ ミナミ トモ ヒマラヤグマ セイキムクドリ フラミンゴ キュウカンチョウ サンショクキムネオオハシ サトウチョウ ヨウム オナガカエデチョウ ナキサイチョウ トビ オオタカ フクロウ アンデスコンドル ウルスラ ネイチャースクール 訃報 ナナ 行動 キキ ポッキー サーバル ジャガー カラカル アムールトラ ライオン ユキヒョウ ワシ ラーズ トド トラ 映画 スズメ News 記録 ネズミ オオカミの話 イコロ キロル セイタ ココ 狼祭2009

PageNavigation 1.0

Designed by 石津 花

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.12    カテゴリ:  東山動植物園 

   2010年、仔オオカミ誕生の第一報は……

天王寺動物園のチュウゴクオオカミ、チュンサン・ユジンペアから入るものと目されていたんですが、
「公式発表」としては、
シンリンオオカミ勢の一翼を担う名古屋の東山動植物園から入りました!


オオカミ仲間のruna*さんから、
東山動植物園のHPで4月12日付の動物園最新ニュースとして「シンリンオオカミのあかちゃんが生まれました」
という公式発表が載ってるよ~と教えてもらってとてもびっくりしました。

確実視されていた天王寺のチュウゴクオオカミと、
昨年も繁殖に成功していて、今年も交尾行動が確認されていた群馬サファリパークのシンリンオオカミ、
ゼットンとキューのところは今回もきっと大丈夫かな?と言われていた中で、
その2園よりも先に東山が先に来るとはかなり予想外でしたが、でもとてもうれしい予想の外れ方でした♪


仔オオカミを授かったのは、
富山のサスケとナナの息子で、円山のジェイの兄弟でもあるジャック(2005年生まれ)と、
2008年12月にカナダから来日してジャックに嫁入りしたソニア(2007年生まれ)のペアのようです。

出産おめでとうございます!!

表情豊かな富山系のジャックと、真っ黒なソニアの子どもって
いったいどんな子になるだろう?と、いまからワクワクです☆
会いに行きたいなぁ……


また、東山動植物園には、
ジャック、ソニアの他にもハイラン(1998年生まれ)とアオイ(2007年生まれ)という個体もいて、
シンリンオオカミの複層群飼育が展開されているのですが、
(ペアとその子供だけから構成されるパック=単層群/血縁関係のない個体も含まれる=複層群
なので、すべて血縁関係のない個体だけからなるパックの呼び方には当てはまらないかもしれないですが)
今後はパック内の繁殖ペアとなったジャック・ソニアと、
2頭と血縁関係のないハイラン、アオイとの関係がどうなって行くのかも目が離せません。


これから国内各地のオオカミ飼育園館でオオカミの出産ラッシュが始まるはずなのですが、
まずはジャックとソニアの2頭にお祝いを述べたいと思います!!
スポンサーサイト

2010.11.01    カテゴリ:  狼祭 

   初対面の皆様

今回(10月26日~31日まで)初めて出会ったオオカミたちです。
いずれの園もまる一日滞在することはできなかったのが心残りですが……

とりあえず、1頭ずつ個々に書いてみますが、
「間違ってるー」という個体がありましたらご指摘いただけると嬉しいです(汗)

※ 以下、写真が20枚超掲載されていますのでご注意ください。
詳細を読む »

2010.12.16    カテゴリ:  東山動植物園 

   【動画】東山動物園のオオカミたちの遠吠え

これは以前別の旅の時点で宿泊先からアップロードだけはしていたのですが、
時間がなくて紹介できずにいた動画第1弾です。

名古屋市東山動植物園で飼育されているシンリンオオカミファミリーの遠吠え。


手前の檻で、ジャック、ソニア、ティト、マイケルの4頭が、
奥のパドックでアオイが吠えています。

途中で一度遠吠えが途切れて、オオカミたちが耳をそばだてているような様子なのは、
怪我のために室内に収容されていたジャネットの声を聞いているためです。
詳細を読む »

2011.02.24    カテゴリ:  キナコ&ジェイ+αの日々 

   朝のオオカミニュースの時間です。

朝一番でオオカミ関連のニュースや情報を漁るのが日々の日課なのですが
今日はなかなか面白いニュースが引っ掛かってきましたので御紹介。

現在進行中の東山動植物園の新オオカミ舎建設についてです。


この施設については、以前から
どうやら屋外ながらガラス張りの施設になるのではないか、という話は小耳にはさんでいました。

ガラス面

たしかにガラス越しだと、わずか数cmという至近距離でオオカミに会うことができて
見る側にとってはとても嬉しい環境だと思います。

でも、同時に、
円山動物園のオオカミ舎もガラス張りの面があり、
そこはオオカミたちが鼻をくっつけたりアタックしたりで結構汚れていることが多いということを、
それこそ身にしみて知っている者としては、汚れ対策大丈夫…?と不思議に思っていたところでした。

ここもか

今回は、その「ガラス」部分に関するニュースでした。



「株式会社チタンネクストジャパン」という会社のHP(会社名で検索かけると出てきます)に、
2月22日付で動物園のガラス防汚対策についての紹介がされています。

それによると、新たなシンリンオオカミ運動場のガラス面には
「光触媒によるコーティング」というものが施されたのだとか。



素人ながら、文章を読む限りではこんな感じの展開が想像されます。

①光触媒でコーティングされたガラス面では、
光を浴びることによって働く「酸化チタン」と言う物質の作用により、
付着した汚れを分解することができる。

②さらに親水性、つまり水をはじかず、むしろ水になじませることによって、
分解された汚れをガラス面から浮かせて離し、流し去ってしまう。
=雨でも降れば“セルフクリーニング”が可能。


ほほう……円山のオオカミ舎では職員さんが手作業で洗浄+清掃してますもんね。
東山の新しい施設では、この仕事がまるまる省けるということになるのでしょうか。


常にきれいなガラス越しにオオカミたちを見ることができるなら嬉しいですね。
他にどんな工夫や対策がされているんだろう……
ますます完成が楽しみな施設です


前回訪問時にハイランとジャネットに会い損ねてもいることですし、
施設が完成したら、修論の資料探しのついでに~とかの口実で
また訪ねてみようかなぁ(笑)

2011.10.06    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   あと2日!!

狼祭-Wolf Festival-2011までいよいよあと2日!!
というわけで本日は今年2歳になるオオカミのみなさまに並んでいただきましょう。


まずは群馬サファリパークから。

20111006エフィー
エフィー。

20111006ビートン
ビートン。

20111006ワトソン
ワトソン。

群馬サファリパーク生まれ&育ちの3頭です。
ゼットン・キューのそれぞれの要素がきれいにブレンドされている感じ。
なんかビートンがやたらと可愛らしい系の顔に見えるのはゼットンの血がなせる業かなと思ったり。

4頭とも2009年4月30日生まれで、現在2歳。


2歳のオオカミ陣、続いて天王寺から。

20111006元元
元元。


20111006楽楽
楽楽。


20111006萌萌
萌萌。

20111006明明
明明。

天王寺もしっかりと両親の要素がブレンドされた仔どもたちですよね。
しかし現在は♂と♀分けての展示になっているということなので、元元とチュンサン、そして元元の弟・ドゥドゥには、次にしっかりと会えるのがいつになるのかは分からない状態のようです。

4頭とも2009年3月29日生まれで、現在2歳。


2009年以降に生まれている個体って基本的に国内生まれで、彼らが生まれる前の両親の様子も、生まれてから今までの成長の様子も情報として伝わってきているので、どうしてもとっさに「2009年生まれの仔オオカミ」と思ってしまうんですよね。
でもそんな2009年生まれの個体ももうすぐ3歳。
野生下ならもうそろそろ群れを出て放浪に出るころなんだよなぁと考えると感慨深いものがあります。


さて……明日どうしよう~~~!!(真っ青←いろいろな意味で)




2011年10月8日・9日・10日、札幌市円山動物園エゾシカ・おオオカミ舎にて狼祭-Wolf festival-2011開催します!
詳しくはサイトをご覧ください
狼祭-Wolf Festival-2011公式ホームページ


ブログでは狼祭の裏舞台をご紹介♪
狼祭公式ブログ
「狼たちのあしあと~狼祭-Wolf Festival-2011 の裏舞台~」


Copyright © WOLF STEP All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
シンリンオオカミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。