calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
profile

Y7-2

Author:Y7-2
札幌市にある円山動物園のシンリンオオカミたちの様子の写真をメインに、主にオオカミについて書いています。
「オオカミってこんな表情もするんだ」と思ってもらえるような記事をあげていきたいと思っています。

※写真や文章の無断転載・使用はご遠慮ください


現在コメント受付を停止しています。
御用の方はお手数ですが、以下のアドレスまで御連絡下さい。

u.wolfsteps狼gmail.com

*狼→アットマークに変換

categories
trackbacks
links ※50音→アルファベット順
このブログをリンクに追加する
tags

本・雑誌
ジェイ シンリンオオカミ キナコ ルーク ユウキ ショウ アンコ ケン 旭山動物園 マース キナコジェイ とくしま動物園 シベリアオオカミ ミラ さすけ 富山市ファミリーパーク オオカミ ヨーロッパオオカミ 多摩動物公園 ロボ ヌプリ チュプ 円山動物園 レラ 楽楽 萌萌 天王寺動物園 チュウゴクオオカミ 浜松市動物園 サン セロ 大森山動物園 キララ ユジン 遠吠え モロ ミッドナイト メイ シン キュー 群馬サファリパーク オオカミの目 チロ ロン ロト マロ 狩り ミロ コウゲツ ネロ ロキ リロ ユウキショウ 展王子動物園 東山動植物園 名古屋市東山動植物園 オオカミ関連イベント 富山ファミリーパーク ビートン エフィー ワトソン ゼットン サスケ サクラ 仔オオカミ 狼祭2011 動画 誕生 巣穴 ロイ メロ フェネック 羽村市動物公園 オーク オオカミの寿命 ナッツ メリー カラス ハプニング 本・雑誌 オオカミの歯 オオカミの毛 ハチ(クリス) エゾオオカミ ゼニガタアザラシ ジージー みさき まる レッサーパンダ ララ デナリ ホッキョクグマ ウッチー ハッピー マレーグマ ミナミ トモ ヒマラヤグマ セイキムクドリ フラミンゴ キュウカンチョウ サンショクキムネオオハシ サトウチョウ ヨウム オナガカエデチョウ ナキサイチョウ トビ オオタカ フクロウ アンデスコンドル ウルスラ ネイチャースクール 訃報 ナナ 行動 キキ ポッキー サーバル ジャガー カラカル アムールトラ ライオン ユキヒョウ ワシ ラーズ トド トラ 映画 スズメ News 記録 ネズミ オオカミの話 イコロ キロル セイタ ココ 狼祭2009

PageNavigation 1.0

Designed by 石津 花

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.13    カテゴリ:  オオカミ本 

   BBC発行の雑誌『Wild life』

今月のBBC Magazines『Wild life』、ロシアのオオカミ特集です♪

雑誌『WILD LIFE』

まだ文章は読んでないですが、パッと見亜種名の記載はない模様。
でもツンドラではなくタイガ針葉樹林帯のオオカミということは、きっとシベリアオオカミ

ヨーロッパオオカミとはまたちょっと違う風貌でしょうか。
イノシシと対峙している写真が載っていたり。

ロシア語は表記にキリル文字が使われ、
アルファベットに慣れてる身では文字からして違うので
非常に探しにくいロシア国内のオオカミ情報。

いちおう専攻した第2外国語はロシア語なんですが、
それでも国内では嫌がらせかってくらい出会える機会が少ないです。
興味がある方はこの機会にぜひ

……値段が高いのが玉にきず(1,911円)なので定期購読はできませんが、
買う頻度は結構高い雑誌です。
なぜなら、普段はイギリスの動植物の記事を主に扱っていますが、
新刊本の紹介をはじめ結構オオカミ登場率の高いのです(笑)
スポンサーサイト

2010.02.25    カテゴリ:  オオカミ本 

   ナショナルジオグラフィック3月号 洋版確認

本日、ナショジオ3月号確認しました~

20100225 national geographic

表紙の見出しは「Wolf Wars/onse protected, now hunted」
記事タイトルは「Wolf Wars /Packs are back. Westerners are glad, scared, howling mad.」

記事のページ数は、閉じ込みページの一面を1Pとカウント+写真のみのページを入れて22P。
その他「EDITOR'S NOTE」と「FLASHBACK」も、各1Pずつ写真入りでオオカミ関連の内容。
近年まれにみる充実っぷりのページの割き方ではないかと。
まあそれだけ問題が噴出してもいるのでしょうが…

Amazonで確認したところ、日本版は2月27日発売予定となっております……が、
日本版はどうも表紙がオオカミではない模様?

発売までに表紙写真が差し替えられる可能性がどれくらいあるかはわかりませんが、
内容英文でもオオカミ表紙のナショジオを入手したい方は、最寄りの洋雑誌取り扱いの書店で探してみてください。

ちなみに札幌市民なら、JRさっぽろ駅近くの紀伊国屋本店内1F輸入雑誌コーナーに
まだまだ十数冊が平積みになってるのを確認済みです。
お値段は税込み966円とやや高めですが……


そして話題が飛びますが、札幌の紀伊国屋本店に行くのなら、オオカミ関連書籍のうち、
目新しそうなものとしては以下のようなものを確認しました。

2F 会計に向かって左側にある壁面コーナー:黒田 潔 『森へ』という画集にオオカミのイラスト数点。
2F 洋書写真集コーナー:オオカミ関連の洋書数冊。
2F 文化人類学・世界史関連コーナー:オオカミの神話・民話・人狼関連の記述のある書籍も有。
1F ペット関連書籍コーナー/2F 生物学書籍コーナー:
イヌの病気や臨床系の書籍複数。特に2Fの獣医系の書籍には子宮蓄膿症についての記述もいくつか。

何かまだあったような気がするけど……

取り急ぎご連絡でした!

2010.04.07    カテゴリ:  オオカミ本 

   子供の科学 2010年4月号

『子供の科学』2010年4月号に
「絶滅動物から学ぶ オオカミと生態系」という特集が組まれていました。

koka.jpg

この表紙のホッキョクオオカミを見てピンとくる方も多いと思いますが、
特集内容は、標茶のHowlin'Ks Nature Schoolの桑原さんが書かれた記事です。

子供向けにだいぶ噛み砕かれた文章になっていますが、
生態系とオオカミ、オオカミとヒトとの関わり方について、
日本やイエローストーン、モンゴルなどの事例を織り交ぜて詳しく書かれています。
また、10Pにわたって写真(ネイチャースクールにお世話になったことがある人には懐かしいかも)や
図が豊富で、とても楽しめる内容でした!

2010.06.26    カテゴリ:  オオカミ本 

   2010年6月刊行のオオカミ本

6月に入ってから2冊のオオカミ本発売がありました♪

しかもどちらも北海道のオオカミ関連本です!

あさひやま動物記

1冊目は『あさひやま動物記① オオカミの森とホッキョクグマ@旭山動物園』

発行:2010年6月15日
 作:小菅正夫
 絵:秋草愛
写真:今津秀邦
出版:角川書店

「角川つばさ文庫」より、小学上級からの児童生徒を対象に出された本です。


銀狼王


もう1冊は『銀狼王』

発行:2010年6月30日
著者:熊谷達也
出版:集英社

『漂泊の牙』の熊谷達也がエゾオオカミの小説を連載をしているという話は聞いていたのですが、
情報が入ってきた時点で「単行本になりそう」という話もあり、
中途半端なところから読み始めるより書籍化を待とうということで、
今か今かと刊行を待ち続けていた本です。

エゾオオカミ関連書籍が増えることは嬉しい限り♪


しかし最近のオオカミブームはいったい何が関係しているんでしょう?

……2010年に入ってから早くも半年がたったのですが、
この時点でオオカミ関連の書籍+関連記事掲載の雑誌の刊行が10冊を超えています。

ものすごく嬉しい半面、財布にかなり厳しい打撃を食らっています(笑い泣き)

特にもともと細かくは追っていなかった漫画やライトノベル等のサブカルチャー分野(人狼にスポットがあたることが多い)と、
時代小説分野(主にニホンオオカミにスポット)におけるオオカミの活躍ぶりは、もはや追い切れません(泣)


Copyright © WOLF STEP All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
シンリンオオカミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。