calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
profile

Y7-2

Author:Y7-2
札幌市にある円山動物園のシンリンオオカミたちの様子の写真をメインに、主にオオカミについて書いています。
「オオカミってこんな表情もするんだ」と思ってもらえるような記事をあげていきたいと思っています。

※写真や文章の無断転載・使用はご遠慮ください


現在コメント受付を停止しています。
御用の方はお手数ですが、以下のアドレスまで御連絡下さい。

u.wolfsteps狼gmail.com

*狼→アットマークに変換

categories
trackbacks
links ※50音→アルファベット順
このブログをリンクに追加する
tags

ユウキ
ジェイ シンリンオオカミ キナコ ルーク ユウキ ショウ アンコ ケン 旭山動物園 マース キナコジェイ とくしま動物園 シベリアオオカミ ミラ さすけ 富山市ファミリーパーク オオカミ ヨーロッパオオカミ 多摩動物公園 ロボ ヌプリ チュプ 円山動物園 レラ 楽楽 萌萌 天王寺動物園 チュウゴクオオカミ 浜松市動物園 サン セロ 大森山動物園 キララ ユジン 遠吠え モロ ミッドナイト メイ シン キュー 群馬サファリパーク オオカミの目 チロ ロン ロト マロ 狩り ミロ コウゲツ ネロ ロキ リロ ユウキショウ 展王子動物園 東山動植物園 名古屋市東山動植物園 オオカミ関連イベント 富山ファミリーパーク ビートン エフィー ワトソン ゼットン サスケ サクラ 仔オオカミ 狼祭2011 動画 誕生 巣穴 ロイ メロ フェネック 羽村市動物公園 オーク オオカミの寿命 ナッツ メリー カラス ハプニング 本・雑誌 オオカミの歯 オオカミの毛 ハチ(クリス) エゾオオカミ ゼニガタアザラシ ジージー みさき まる レッサーパンダ ララ デナリ ホッキョクグマ ウッチー ハッピー マレーグマ ミナミ トモ ヒマラヤグマ セイキムクドリ フラミンゴ キュウカンチョウ サンショクキムネオオハシ サトウチョウ ヨウム オナガカエデチョウ ナキサイチョウ トビ オオタカ フクロウ アンデスコンドル ウルスラ ネイチャースクール 訃報 ナナ 行動 キキ ポッキー サーバル ジャガー カラカル アムールトラ ライオン ユキヒョウ ワシ ラーズ トド トラ 映画 スズメ News 記録 ネズミ オオカミの話 イコロ キロル セイタ ココ 狼祭2009

PageNavigation 1.0

Designed by 石津 花

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.28    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   近況報告

 今日、偶然いろいろと懐かしい画像が出てきたので、円山オオカミの近況と合わせてちょっと記事にしてみようと思います。

2011082801.jpg

 生後1か月未満のころのユウキ
 このくらいの頃の仔オオカミが持つ破壊力はすさまじいものがあると思います。

2011082802.jpg

 向かって右がユウキ、左がショウ
 ルークに比べてこんな大きさだったんですよね。

2011082803.jpg

 ルークとゆで卵を取り合うショウ
 顔の長さなんて、ルークの顔の半分あるかないかです。
 小さかったよなあ……


 で、現在。


2011082804.jpg

 どどーん(笑)

 兄・ルークの前でのびやかに眠るユウキ

2011082805.jpg

 ルークと並んだユウキ
 ユウキショウも、もう体高はルークの3分の2くらいまであります。

 それにしても今年の2頭はしっぽが面白いくらい長く感じられます(笑)

2011082806.jpg

 もともとが小柄なキナコさんは2頭がかりでたかられると埋まって見えなくなります。

 画像だと、向かって右がユウキ。左がショウ

2011082807.jpg

 いやあ立派になって……

 毛色に変化が現れ、顔つきもどんどん個性が出てきました。

 一番先頭がユウキ。
 ショウに比べると体の色が薄いです。
 全体的に茶色味が強く、今は特に顔面に濃い茶色が強く出て見え、顔の色はショウよりも濃く見えます。

 また、光彩の色が淡くかなり鋭い目つきに見えます。
 

 真ん中がショウ。
 ユウキに比べると、体の色が濃く、全体的に黒い色がくっきりはっきりして見えます。
 特に首周りの黒が鮮やかに目立つ感じ。
 一方、顔面に関してはユウキよりも色が淡い印象があり、特に目の下部に入る白が目立ちます。
  
 光彩の色は、ユウキと比べると暗めに見えます。


 3番手は言わずもがなのジェイ氏です。

2011082808.jpg

 上を見上げるショウ。
 この仔、実は♀なんじゃ?!と思うくらいかわいい顔をしています(個人的主観 笑)

 生後1か月くらいの頃、顔や体つきの特徴からショウ=富山系、ユウキ=到津系と見なしていましたが、成長するにつれて逆だったことが明らかになってきました。 

 まだ変化する可能性もありますが、現時点ではすっかり顔や毛色に到津系の特徴を備えているショウです。
 もしかしたらルークよりもアンコ似になるかも…?とドキドキ(←アンコファン)

2011082809.jpg

 上を見上げるユウキ。

 ショウがはっきりした到津系の特徴を既に持っているのに対して、この仔はいったい誰に似たんだ?と疑問をもたれていたユウキ。
 誰にも似ていない…実はキナコさんの隠し子なんじゃ?(笑)という嫌疑の対象にもなっていたのですが、つい先日、muscaさんの一言でようやく明らかになりました。


ジェイが仔オオカミだったころにそっくり」


 ……!!言われてみれば確かに!

 顔面の茶色といい、目の虹彩の明るさといい……と、あれよあれよという間に「ジェイ似」ということが確定したユウキ。

 隠し子疑惑が晴れてよかったね(笑)

2011082810.jpg

 2頭の行動も、若干それぞれの系統の要素を持っているかも?
 キナコが倒木を枕に寝ているところを見た記憶はあるのですが、ジェイがそれをしているのを見た記憶がないです。
 同様に、ショウの方は倒木などを枕にすることがあるのですが、ユウキが休む時に何かを枕にしているのは見ていないような気がします。

2011082811.jpg

 何はともあれ、2頭そろって大暴れな毎日です。

 今年は育ちざかりの♂の仔を2頭養うことになったジェイ
 給餌のたびに2頭がかりでものすごい勢いで吐き戻しをねだられ、非常に大変そうです。

2011082812.jpg

 この2頭に関する近況では、8月26日、一時的にショウの左頬が腫れあがるという事件がありました。
 常連さんの話では、前日の25日から様子がおかしく、若干頬の腫れも見られたということです。
 しかし、結局原因は不明なまま、翌27日には腫れは引いたようでした。
 何ともなければいいのですが……

2011082813.jpg

 そして、今年のオオカミ舎は去年と比べてもいろんな意味で非常に賑やかです。

 家族が増えたので当然かもしれませんが、♂2頭ということで暇さえあれば取っ組み合いを繰り返しているユウキとショウ。
 ちなみに旭山のヌプリ・チュプ・レラは、3頭の仔オオカミのうち2頭が♀の仔だからか、円山ほど激しい取っ組み合いは見られないのが興味深いです。

 現時点では、ショウとユウキの関係を見ていると、基本的にはショウが優位に見えることが多いです。
 ↑の写真は、ユウキが体を大きく見せ、しっぽを上げてユウキに近づいていくところ。
 対するユウキはショウと目を合わせるのを避け、小さくなって避けようとしています。
 でもこの翌日にはユウキがショウと対等に競り合っていたり。

 まだまだ先は長いですが、どういう形に収まるのかとても興味深いです。


 また、仔オオカミだけでなくジェイキナコ・ルークの位置づけ変化も激しいです。
 キナコの出産直後から、この3頭の関係は小休止と緊張状態を頻繁に繰り返しているように感じます。
 5月末にはジェイとルークが2頭がかりでキナコを攻撃し、結果としてはジェイが口内から流血し、治療のために隔離されるという事態も起きました。

 6月~7月にかけては、ルークがキナコに仕掛ける様子を多く見ました。
 しかも、そうなると何故かジェイも便乗して、2頭がかりでキナコを追い詰め、キナコが一方的にやり込められてしまいます。
 キナコは尾を巻き込んで、戦意がないことを示しながらスロープ下などに逃げこんでいましたが、力のある♂2頭がかりでは、ひっくり返されたり、もんどりうって転がってしまうことも少なくはなかったです。
 しかし、キナコがなんとか壁を背に2頭に対して牙を剥いた状態になると、事態は膠着し、それほど時間をまたずにルークがふいっと抜けます。すると、キナコはルークは放置して、ジェイに対して何か確認するような仕草を繰り返し、それまでの闘争に近い雰囲気は霧散していきます。
 何がきっかけで始まるのかよくわからないことも多かったですが、多いときは日に何度も観察される状況でしたので、目にされた方も多いのではないかと思います。

 さらに8月初旬、キナコがユウキとショウの2頭とともにサブに隔離され、数日後に戻されたことがありましたが、その直後から、ユウキとショウも加わり、4頭がかりでキナコを追い詰めるという光景も見かけました。仔オオカミ2頭はまだキナコが蹴散らせるサイズとはいえ、見ている側の主観としてはかなりショックな光景でした。

 その後、8月中旬に入るころには、以前はあれだけジェイやルークに対して尾を立て、優位を主張していたキナコが、誰のそばによるときも尾を巻き込み、小さくなっている姿が確認されるようになりました。
 一度はショウに対してもしっぽを巻き込んでいる姿を見かけて非常に驚きました。
 ユウキ・ショウと同じように耳を寝かせ、頭と尾を下げてジェイやルークにすり寄り、ルークに対して自分から仰向けになるという行動も見ています。

 キナコはもともと、同腹の姉妹であるアンコの下位についていた個体なので、こういう形で収まるのも一つの形だったと思われます。
 ただ、8月最終週の現在、何が原因かわかりませんが、キナコの尾の位置がまた若干上がり始めているので、この先どうなっていくのか予想がつかない部分もありますが。

 一方、キナコを追い詰める際にはあれだけ結託していたジェイとルークですが、同時期にジェイがルークに対して牽制するような雰囲気もありました。
 ジェイはルークに対して絶対的に優位な立場にいるのですが、遊びの中で、ルークがあおむけになるまで執拗に押さえつけるような様子があったり、8月中旬に入ってキナコが2頭に対して下手に出るようになったころからは、うっかりジェイの前に出たルークを突き転がして押さえつけるというような様子もありました。

 そして、これは時期が確認できていませんが、7月中旬にはルークがジェイに対して吐き戻しをねだり、それに対してジェイが食べた餌を戻してやる、という様子を確かに観察していたのですが、8月も後半に入ったころには、ジェイはルークがねだりに来ることすら許さなくなっていました。

 これは今年生まれのユウキ・ショウと合わせて3頭がかりで吐き戻しをさせられると、ジェイの胃の中には何も残らないからかもしれませんが(笑)

 ジェイ>ルークという構図は、今後もまず変わることはないと思いますが、こちらの父仔関係も見ていてかなり興味深いです。

2011082814.jpg

 ちなみにキナコの位置づけは、一時期は仔オオカミよりも下に見えるような感じになっていましたが、群れの中の唯一の♀ということで、現在、足をあげてのにおいつけや、排泄後のマーキングは確認できています。
 群れの中のオメガ個体の位置づけでありながら、♀のアルファであるという非常に矛盾したキナコの状況が観察できたのは、動物園ならではと思いますが、ある意味貴重な機会でもあったのかなと思います。

 かなりの急ぎ足ですが、今回はとりあえずこんなところで〆させていただきます。
 ここまでおつきあいいただき、ありがとうございました!
スポンサーサイト

2011.09.03    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   森の狼

今日は円山に行けたのでリアルタイムの写真を。

20110903森の仔オオカミ?
丘の上に陣取るユウキ(2011.09,03撮影)

別に森だけに住んでいるわけじゃないけど、シンリンオオカミ
「森の仔オオカミ」と題そうと思ったけど、見た目的にはもうすっかり「若オオカミ」かな。



狼祭-Wolf Festival-2011今年も開催します&作品募集中!
詳しくはサイトを見てね!
狼祭-Wolf Festival-2011公式ホームページ

2011.09.03    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   寝相

20110903寝相3
何かをふり仰ぐショウと、木にあごのせしてるユウキ(2011.09,03撮影)

ユウキが木にあごのせしてるのは初見。
イエネコの行動では、こうしてものにあごを載せて眠る仔ネコは独立心が強い個体なんだとか。
イヌやオオカミではどうなんだろうなあ…




狼祭-Wolf Festival-2011今年も開催します&作品募集中!
詳しくはサイトを見てね!
狼祭-Wolf Festival-2011公式ホームページ

2011.09.03    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   長い

20110903帰宅
職員さんの気配を聞きつけて室内へ急ぐルークユウキ(2011.09,03撮影)

体長(頭胴長)なら兄ちゃん(ルーク)が勝つけど、全長(頭胴長+尾長)ならぼくも負けてないよ、とユウキが申しております。
君とショウはしっぽが長いからね。




狼祭-Wolf Festival-2011今年も開催します&作品募集中!
詳しくはサイトを見てね!
狼祭-Wolf Festival-2011公式ホームページ

2011.09.05    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   ウルフ・スクラム?

2011090501スクラム?
シンリンオオカミのスクラム?(2011.09,05撮影)

……いいえ、ショウ(左)とユウキ(右)が2頭がかりでキナコに吐き戻しをねだっているところです。


2011090503粘り強い
しかし、円山動物園のシンリンオオカミたち、ジェイキナコ、そしてルークは、仔オオカミのおねだりに対して食べた餌を吐き戻して与える回数を、8月中よりも確実に減らしています。
本日はジェイキナコもルークもユウキの執拗なおねだりに遭っていましたが、誰1頭として吐き戻しをしませんでした。

また、最近は特にショウがあっさり諦めるようになったと感じます。
このときはユウキが頑張り続けるのでジェイユウキの側をうろうろしていましたが、ショウ自身はちょっとねだってみてダメだったら、ふいっとすぐに別のことへ興味を移してしまう様子。

2011090502おねだり
一方のユウキはちょっと……いえ、かなりしつこいです。
食後10分以上経って、もう皆が落ち着いた雰囲気になっているところなのに、突然一人でキナコジェイにまとわりついて怒らせたり。

う~ん……



狼祭-Wolf Festival-2011開催します&オオカミの作品募集中!
詳しくはサイトをご覧ください
狼祭-Wolf Festival-2011公式ホームページ

2011.09.05    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   KYな予感

2011090504それどころじゃない
ショウにちょっかいをかけるユウキと、ユウキにかまっている場合ではないショウ(2011.09,05撮影)

これは給餌直前のことでした。
室内で行われている、給餌の準備の気配を感じてワサワサと動き回っていたオオカミたち。

仔オオカミたちも右へ左へ行ったり来たりしていましたが、そんな中、不意にユウキショウの後足やしっぽにかみついたり、上から押さえつけようとする動作を始めました。
ショウはそんなユウキにはかまわず、ジェイキナコルークの動きについて行こうとしています。


2011090505何でもアリ
給餌時、投げ入れられる餌を同時にくわえあげてしまい、引っ張って取り合っていたジェイルーク

オオカミの食事時は早い者勝ち。
下位の個体も、先に口を付けて所有権を得た食物は、途中で放置しない限り最後まで独占することができます。
この時ばかりは踏まれようが蹴られようが、食物を確保することが優先されるようです。

そのためか、最近のジェイキナコルークは給餌前から真剣な面持ちです。これだけ頭数が増えると、自分の文を確保するのは大変なのでしょう。
また、今では仔オオカミのショウもそれに倣う様子です。

しかし、そんなショウに遊びを仕掛けたり、キナコにちょっかいを出したりしている姿が見られるユウキ
そういえば小さいころのルークは両親(主にキナコ)に、まだ「父親」になるまえのジェイキナコに、食事前でもはしゃいでじゃれついていたことがあったなぁ、ということを思い出します。

ルークは、結構成長してからもそうした様子を見せていたので、ユウキが特別子どもっぽいというわけではないと思うのですが、今年は既に落ち着いた雰囲気のショウがいるため、その隣にいると激しく目立つ。
遊び好きなのは良いことだと思うのですが「空気読めない仔なんじゃ…」と思わせる行動の一つです。
給餌後にいつまでも吐き戻しをねだり続けるのもユウキだけですし。


2011090509虫の居所
そして、そう思いながら見ていたせいか、ユウキの行動が結構周りへ影響を及ぼしていることが気になりました。
ただ歩いてきただけのユウキに唸って見せていたルーク

2011090508怒ルーク
最終的には、ユウキがルークの寝場所の側に近づいただけでふっとばされるシーンもありました。
とりなす暇もない問答無用のルークの一撃に、ユウキはひっくり返って腹を見せるしかないようでした。

今日はたまたまルークの虫の居所が悪かっただけなのか?
空気を読まないKY=加減を知らないやつという認識をされて遠ざけられているのか?
それともまた別の要因があるのか?

以上、今後もしっかり見ていかなくては、と思わせるユウキの様子でした。



狼祭-Wolf Festival-2011開催します&オオカミの作品募集中!
詳しくはサイトをご覧ください
狼祭-Wolf Festival-2011公式ホームページ

2011.09.06    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   雨とシンリンオオカミ

一日中強い雨が降り続いた2011年9月6日の札幌。
本日は円山動物園へは行けなかったので、ちょっと前の雨降り時のオオカミ舎の写真を引っ張り出してみました。

20110906001.jpg
濡れネズミーなシンリンオオカミっ仔(2011.06,14撮影)
今日もきっとこんな感じだったんだろうなぁ。

あ、でもこの写真で写っている仔オオカミ(向かって左がショウ。右がユウキ)の様子はまだましな方です。
雨が降れば降るほど、どんどん濡れ鼠&泥まみれ度があがっていきます。


20110906002.jpg
雨の日はスロープ下にオオカミたちが集うので、仔オオカミとジェイキナコルークとの触れ合いが見られる絶好のチャンスでもあります。

寄り添う仔オオカミと、母の貫録たっぷりなキナコさん。


20110906003.jpg
一方のジェイは仔オオカミを扱いかねてか、側に来られるとすぐに離れてしまいます。
このときもちょっとにおいをかがれただけでさっと立ち上がって離れて行ってしまいました。

まあでもおとなオオカミたちはユウキショウを構い倒すわけではないので、よごれっぷりアップにそれほど影響はないと思われます。


20110906004.jpg
問題は1年年長のルークです。
この頃は仔オオカミが近くにいるのをいいことに構い倒し、あまつさえ押しつぶしたりしてました。
(ちなみに思いっきりつぶされてるのはショウ。陰にいるのがユウキ


20110906005.jpg
そして職員さんの気配を嗅ぎ付けたり聞きつけたりすると、おとなオオカミたちも勢いよく動き出すので、ぶつかったり蹴られたりして、濡れた地面にころーん!とか…
ルークに転がされているショウ


20110906006.jpg
おとなオオカミと一緒に、あるいは子供同士で、ざんざん雨が降っている中を駆け回ったり。
挙句の果てにはこの中で取っ組み合いをしたりするものだから……
(画像はユウキ


20110906007.jpg
最終的には毛並はぼさぼさ。顔までどろどろ~な非常に残念な状態に(画像はショウ

大きくなった今では、体高が伸びて顔にまで泥が跳ねることは少なくなりましたが、そのかわり多少の雨なら全く気にせずに動き回るようになってきたので、相変わらず雨の日のどろどろ具合はすさまじいです。




狼祭-Wolf Festival-2011開催します&オオカミの作品募集中!
詳しくはサイトをご覧ください
狼祭-Wolf Festival-2011公式ホームページ

2011.09.07    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   仔オオカミ専用スペース

今回の記事はちょっと長め。
ユウキショウが小さかった頃のお話になります。

20110907001.jpg
2011年生まれのシンリンオオカミっ仔たちがまだ生後1か月くらいだったころ、ルークが頻繁に仔オオカミたちに毛づくろいをしようとしていた時期がありました(写真は2011.06,09撮影)

このときはキナコショウの毛づくろいをしているところにルークも加わっていましたが、不意にその横をひょこひょことユウキが通り抜けていきました。


20110907002.jpg
そんなユウキに気づいたルーク
ターゲットを変更するようです。


20110907003.jpg
しかし、ルークの毛づくろいはちょっと乱暴なようで、実はユウキにもショウにも不評です。
追いかけてきた兄から逃げようとしたユウキは、U字溝に足をかけて顔を突っ込み……


20110907004.jpg
「兄ちゃん来ないでー」とすっぽり。

20110907005.jpg
見事にジャストフィットサイズです。
ルークが前に回って、出てくるのを待ち構えようとすると……


20110907006.jpg
U字溝の中であとずさりして逃げるユウキ(笑)


20110907007.jpg
「ふふん♪ここなら入ってこれないでしょ~」と、どや顔ユウキ。

しかし、あんまり兄を挑発してはいけません。
そして、ルークの陰に増えているもう御一方にもご注意。


20110907008.jpg
「ギャー!ヤメテー!!」

「出てこないならつまみ出してやる」とばかりに手を突っ込んで、ユウキを引きずり出そうとしているらしいルーク。
そして、もう一方の出口には「この仔、中で何してるのかしら」と覗き込んでるキナコ母がいるせいで後ろにも下がれず、追い詰められてしまったユウキ。


20110907009.jpg
結局出てきて、ショウと同じく2頭がかりでの毛づくろいを受ける羽目になっていました。

しかし、これで終わりかと思いきや続きがあったり(笑)


20110907010.jpg
オオカミの学習能力の高さは侮れません。

またしても毛づくろいしたがり屋なルークに付きまとわれたユウキ。
今度は前の教訓を生かして、出口が1か所しかない場所に入り込むことにしたようです。
確かにここなら、奥まで入り込んでしまえば誰も手の出しようがありません。


20110907011.jpg
ところが、母と兄はどうなっているのか確認しようと、しきりに中を覗き込み続けます。
(この時期のキナコは常に仔オオカミの位置が確認できる場所にいるように思えましたし)
しかし覗き込まれることで唯一の出入り口がふさがれてしまい、ユウキはかなり長い間U字溝の中に閉じこもっていました。
U字溝の内部にそんなに面白いものがあるとは思えないのですが……


20110907012.jpg
もちろん、ショウもときどきU字溝のこの穴に入り込んですっぽり収まっていることはありました。

仔オオカミがU字溝に入り込んでいるのを私が初めて見たのはこの6月9日でしたが、ユウキもショウも、この後もちょくちょくU字溝に入り込んで遊んでいました。

去年生まれのルークのときは、仔オオカミ時代にこうしてU字溝にはまりこむようなことはしていなかったと記憶しています(単に目撃していないだけかもしれませんが)
今年生まれのユウキとショウは、ルークよりも動き回る範囲を広げるのが早く、また兄よりもかなり行動派な感じを受けます。


20110907013.jpg
さすがに今となってはもう入れません(写真はユウキ。2011.09,01撮影)


20110907014.jpg
でも、今でもこのU字溝のあたりはユウキやショウがよく利用しているスペースです(写真はショウ。2011.08,26撮影)

特にメインパドックでの給餌を受けた際には、確保した食物をここまでダッシュで持ってきて、U字溝の角に頭を突っ込んで誰にも邪魔されないようにして食べています。
ここが既に使われている場合、もう1頭の仔オオカミはバックヤードと丘の間にある丸太の陰に隠れて食べることも多いです。
仔オオカミたちをメインパドックに解放した状態での給餌はそれほど見れていないのですが、私が見ている限りでは、U字溝付近を利用することが多いのはショウで、丸太付近を利用することが多いのはユウキのような気がします。
でも、逆のパターンも見ているので決まってはいないのかもしれません。

一方、ルークが小さかった頃は、一頭っ仔で競争相手がいなかったためか、水飲み場付近で堂々と食べていましたし、冬になって投げ込み式の給餌になってからは、エゾヒグマ館側の角のスペースを食事場所としていました。
しかし、今年の2頭はそちらの奥側のスペースはあまり利用していないようです。
「誰にも邪魔されずに食べたい」という目的は同じはずなのに、そのために確保する場所が違うのは興味深いです。あのエゾヒグマ館側の角のスペースは「ルークの場所」なのか、それとも個体ごとに利用しやすい場所があるのか、いろいろ推測してみてみるのもとても楽しい作業です。




狼祭-Wolf Festival-2011開催します&作品募集中です!
詳しくはサイトをご覧ください
狼祭-Wolf festival-2011公式ホームページ

2011.09.08    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   オオカミの血を吸う蚊

20110908ユウキと蚊
ユウキの鼻にとまって血を吸っていた蚊(2011.09,08撮影)

今日のエゾシカ・オオカミ舎は、室内もやたらと蚊が多かったです。




狼祭-Wolf Festival-2011開催します&作品募集中!
詳しくはサイトをご覧ください
狼祭-Wolf Festival-2011公式ホームページ

2011.09.08    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   後ろ頭の違い(円山動物園・2011年生まれの仔オオカミ)

20110908後ろ頭
右がショウ、左がユウキ(2011.09,08撮影)

2011年生まれのシンリンオオカミっ仔、2頭並んでいれば後ろ頭だけでも見分けることができるようになってきています。
後頭部の毛の色を見たとき、灰色っぽいのがショウ、茶色味が強いのがユウキです。
写真だとあまりはっきりとは分からないのですが、実際に見るともうちょっと色の違いがはっきりしています。




狼祭-Wolf Festival-2011開催します&作品募集中!
詳しくはサイトをご覧ください
狼祭-Wolf Festival-2011公式ホームページ


Copyright © WOLF STEP All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
シンリンオオカミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。