calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
profile

Y7-2

Author:Y7-2
札幌市にある円山動物園のシンリンオオカミたちの様子の写真をメインに、主にオオカミについて書いています。
「オオカミってこんな表情もするんだ」と思ってもらえるような記事をあげていきたいと思っています。

※写真や文章の無断転載・使用はご遠慮ください


現在コメント受付を停止しています。
御用の方はお手数ですが、以下のアドレスまで御連絡下さい。

u.wolfsteps狼gmail.com

*狼→アットマークに変換

categories
trackbacks
links ※50音→アルファベット順
このブログをリンクに追加する
tags

シベリアオオカミ
ジェイ シンリンオオカミ キナコ ルーク ユウキ ショウ アンコ ケン 旭山動物園 マース キナコジェイ とくしま動物園 シベリアオオカミ ミラ さすけ 富山市ファミリーパーク オオカミ ヨーロッパオオカミ 多摩動物公園 ロボ ヌプリ チュプ 円山動物園 レラ 楽楽 萌萌 天王寺動物園 チュウゴクオオカミ 浜松市動物園 サン セロ 大森山動物園 キララ ユジン 遠吠え モロ ミッドナイト メイ シン キュー 群馬サファリパーク オオカミの目 チロ ロン ロト マロ 狩り ミロ コウゲツ ネロ ロキ リロ ユウキショウ 展王子動物園 東山動植物園 名古屋市東山動植物園 オオカミ関連イベント 富山ファミリーパーク ビートン エフィー ワトソン ゼットン サスケ サクラ 仔オオカミ 狼祭2011 動画 誕生 巣穴 ロイ メロ フェネック 羽村市動物公園 オーク オオカミの寿命 ナッツ メリー カラス ハプニング 本・雑誌 オオカミの歯 オオカミの毛 ハチ(クリス) エゾオオカミ ゼニガタアザラシ ジージー みさき まる レッサーパンダ ララ デナリ ホッキョクグマ ウッチー ハッピー マレーグマ ミナミ トモ ヒマラヤグマ セイキムクドリ フラミンゴ キュウカンチョウ サンショクキムネオオハシ サトウチョウ ヨウム オナガカエデチョウ ナキサイチョウ トビ オオタカ フクロウ アンデスコンドル ウルスラ ネイチャースクール 訃報 ナナ 行動 キキ ポッキー サーバル ジャガー カラカル アムールトラ ライオン ユキヒョウ ワシ ラーズ トド トラ 映画 スズメ News 記録 ネズミ オオカミの話 イコロ キロル セイタ ココ 狼祭2009

PageNavigation 1.0

Designed by 石津 花

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.13    カテゴリ:  オオカミ本 

   BBC発行の雑誌『Wild life』

今月のBBC Magazines『Wild life』、ロシアのオオカミ特集です♪

雑誌『WILD LIFE』

まだ文章は読んでないですが、パッと見亜種名の記載はない模様。
でもツンドラではなくタイガ針葉樹林帯のオオカミということは、きっとシベリアオオカミ

ヨーロッパオオカミとはまたちょっと違う風貌でしょうか。
イノシシと対峙している写真が載っていたり。

ロシア語は表記にキリル文字が使われ、
アルファベットに慣れてる身では文字からして違うので
非常に探しにくいロシア国内のオオカミ情報。

いちおう専攻した第2外国語はロシア語なんですが、
それでも国内では嫌がらせかってくらい出会える機会が少ないです。
興味がある方はこの機会にぜひ

……値段が高いのが玉にきず(1,911円)なので定期購読はできませんが、
買う頻度は結構高い雑誌です。
なぜなら、普段はイギリスの動植物の記事を主に扱っていますが、
新刊本の紹介をはじめ結構オオカミ登場率の高いのです(笑)
スポンサーサイト

2010.12.16    カテゴリ:  とくしま動物園 

   【動画】とくしま動物園のシベリアオオカミ遠吠え

これもアップロードはしていたけど(以下略)動画第2弾。

四国の徳島県にある
とくしま動物園で飼育されているシベリアオオカミ・ミラとコウゲツの遠吠えです。
手前がコウゲツ(♂)、奥がミラ(♀)

動画がやたら長いですがご容赦を。
ミラの声がすごくかっこいいです。
詳細を読む »

2010.12.17    カテゴリ:  平川動物公園 

   平川動物公園のシベリアオオカミ “ラッキー”

九州は鹿児島県平川市にある平川動物公園でもオオカミが飼育されています。

この園に居るのはシベリアオオカミのペアで、
ラッキー(♂)とカール(♀)です。

面白いことに、ラッキーはとくしまのコウゲツと、
カールは同じくとくしまのミラと、
それぞれ血縁に当たる個体でした。

カールとミラは同腹の姉妹、
ラッキーとコウゲツは1年違いの兄弟だと考えられるそうです。
しかしこの兄弟、姉妹同士で見た目が本当にそっくりなのです。


そのことを知らずに会った最初はびっくりしました。

シベリアが2頭ペアで飼育されているという先入観から
ミラとコウゲツに似て見えるんだろうかってちょっと不安になったくらい。

ただ、すぐに思い直しました。
きっとこの檻のせいで視界が歪んでいるに違いないと(笑)

ラッキー…?

いちばんすごいところにいるとこんな感じ。
3重の網の向こうにオオカミがいる状態になります。

それだけの障害物があっても、ヒトの目は不思議なもので
オオカミの顔形はそれなりに判別できるのですが、
カメラはどうあってもお手上げです。

せめてこの網さえよけることができれば……と思っても、

鼻先

オオカミが中で首を伸ばしてくれてようやく鼻先が見えるくらいかな(泣)

檻のこちら側では、曲芸よろしく人止め柵の上にのぼるか、
(※可能性の話です。勝手にのぼってはいけません!)
自分で台を持ち込んで上からのぞきこまない限りどうにもならない感じです。

それでもオオカミたちがいちばん奥で座ったり
寝そべったりしてくれればまだ何とかなったかもしれないですが、
この日は運悪く、オオカミたちから見える場所で一日中何かの作業が行われていて、
オオカミたちはそれを気にして右往左往。

ラッキー

というわけで比較的まともな感じで写っているもので、これが限界。

でも、まだまだラッキーもカールも元気で活発な様子だったので
またいつかリベンジしに行きたいです。

2010.12.17    カテゴリ:  平川動物公園 

   平川動物公園のシベリアオオカミ “カール”

ラッキーよりさらに至難の技だったのがカール嬢です。

何が大変だったかって、ラッキーよりも動きが高速(笑)
左右を行きかうスピードが速いのなんの。

そしてまる一日滞在して、数百枚の失敗作品を積み上げて、
ようやく撮れたのが、これ。

カール

午後も遅くになって周囲がだんだん薄暗くなってきて、
それでもあきらめず、にシャッターを切っていたら
偶然こんな流し撮り効果になったんですが、
こうすると手前にある網や格子ってある程度消えるんですねー

でも、檻の継ぎ目なんて大嫌いだ……!!(泣)


それにしてもカールも相当整った顔立ちをしていると思います。

きちんと会ってみたいのですが、
カールとラッキーが広い場所に出ているところで会う、というチャンスは
もうこの先はないのかな……

2010.12.17    カテゴリ:  平川動物公園 

   【動画】ラッキーとカールの遠吠え

今年後半は遠吠え運が良いのかも?

今日までに回った9つの園のうち、
東山、とくしま、大森山、平川、浜松、羽村、富山で遠吠えを聞けました。
逆に聞けなかったのは天王寺と多摩。


今回は平川のラッキーカールの遠吠え動画を載せました。

「続きを読む」からお願いします。
詳細を読む »

2011.09.23    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   オオカミの遠吠えについて

イベント準備のためにオオカミたちの遠吠えについて調べ&過去に自分で記録したものを見返している最中なので、今日はオオカミの遠吠えについてちょっとだけ。

オオカミの遠吠えについて、詳しくは、狼祭~Wolf Festival~2011の会場にて3日間限定で展示されるパネルで紹介される予定ですので、ぜひ会場でご覧ください!

20110923001キナコ単独
キナコの遠吠え(2010.0209撮影)

20110923002ジェイキナペア
キナコの遠吠えは、単独で吠えるときと、ジェイと一緒に吠えるときで声音が違います。

単独で吠えるときには、年齢のせいでかすれていることも多いけど、朗々とした長く引っ張る吠え方。
ジェイと(仔オオカミたちが加わる場合も)吠えるときは、ジェイに合わせるように短くそしてピッチが頻繁に変わる吠え方をします。
声音も甲高い裏声です。

一方のジェイは、長短や音の高低は変えますが(ジェイの吠えだしはその図体でその高音?!という高い吠え方が多いですが…)、キナコほど相手の様子をうかがって、それに合わせて吠え方を変える、という感じはないと思います。



円山動物園のシンリンオオカミたちの吠え方だけを聞いていると、♂の遠吠えに♀が合わせるものなんだろうか、と感じるのですが、そうと決まっているわけでもなさそうです。


20110923ケン単独

たとえば同じ道内の旭山動物園。
マースとあまりうまくいっていなかった頃のケンはあれだけ朗々と吠えていたのに、2011年の繁殖期を終えたころにマースが反応するようになると、マースに合わせて吠え方を変えているような感じがありました。




今年の夏の夜の動物園では、マースは完全には遠吠えには加わらなかったのですが、ちょっと反応しているようなそぶりを感じ取ったケンが吠え方を変えていたり。




本格的な遠吠えシーズンを迎えて、これからどう変化するかはとても興味深いです。

また、完全に♀が遠吠えの主導権を握っているケースもあって、とくしま動物園のシベリアオオカミミラコウゲツは完全にそのパターンのようです。




ミラ姐さん、終始完全に遠吠えをリードしております。
後半ミラが突然吠え方を変えていますが、それに合わせて吠えているのはコウゲツの方ですし。
ただ、この2頭の関係は複雑なようで、ちょっと特殊な例なのかもしれないですが……

そして基本的には、身体が大きく、年齢を重ねている♂のオオカミほど低く響く吠え方をするらしいのです。
これまで動物園で聞いた各個体の遠吠えの中でいちばんその例に当てはまるなぁと感じたのは、富山市ファミリーパークのさすけでしたが……




若いお嫁さんをもらった彼の吠え方は変化しているんでしょうか。
また、旭山時代のメリーはかなり高い、きれいな声をしていましたが、こちらもどうなっているのか……
今後尋ねるのが楽しみで仕方がありません。




狼祭-Wolf festival-2011開催します&作品募集中!
詳しくはサイトをご覧ください
狼祭-Wolf Festival-2011公式ホームページ


ブログでは狼祭の裏舞台をご紹介♪
狼祭公式ブログ
「狼たちのあしあと~狼祭-Wolf Festival-2011 の裏舞台~」

2011.11.01    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   Wolf of the Day(015)

20111101_03.jpg

朗々と
コウゲツシベリアオオカミとくしま動物園

2011.11.11    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   Wolf of the Day(048)

20111111_05 (640x480)

老雄

コウゲツシベリアオオカミとくしま動物園

2011.11.17    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   Wolf of the Day(072)

20111117_03.jpg

何処を見る

ミラシベリアオオカミとくしま動物園

2011.12.28    カテゴリ:  2011年シンリンオオカミ 

   Wolf of the Day(198)

20111228_03.jpg

睥睨

ミラシベリアオオカミとくしま動物園


Copyright © WOLF STEP All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
シンリンオオカミ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。